無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
息子の欲求に向き合うということ
昨日の朝、押入れにしまっていたレゴを見つけた息子・祐志(3歳)

「これであそびたいなぁ」
と言うので、家族会議。

「5歳までって書いてあるよ。ゆうしくんは何歳?」
「3歳」
「あと何年経ったら5歳かなぁ?」
「わからん」

そんなやり取りをしつつ、妻にも確認してもらいながら、
「夜、保育園から帰ってきたら遊ぼうね」
ということに決定。

帰宅後、
「パパー! これあけてー!」
と早速言ってきました。

ご飯を食べるまでは、人形を出して、それで遊んでてもらって、
ご飯を食べてからお風呂に入るまで、一緒に、車・飛行機・家を作りました。
(一緒にと言っても、ほぼ、一人でつくりましたが(笑))

いつ以来だろう?
10数年ぶりくらいのレゴ。
楽しかったです(笑)
楽しんじゃいました。

「これって、パパが子どもに尊敬されるためにできたおもちゃなんじゃ!?」
と思ったくらい(笑)

なぜって、息子が、
「パパ、なんでもかたちにできるんだね」
と言ってきたから。

背中がむずがゆかったです(笑)



完成したおもちゃで、いつも以上に独り言を言いながら、大いに遊ぶ子どもを見ながら、
こうやって、子どもとしっかりと向き合って遊んで、つわりでしんどい妻が寝られる時間を確保してあげること、
改めて、当たり前だけど、大事だよなぁと思ったのでした。

今日明日も、がっつり息子と遊んで、妻がゆっくりできるようにしよう。

今日も楽しむぞー!
 
| がぶ | つわりママのためにパパができること | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
息子と全力で向き合うということ
妻がつわりで体調不良になり、寝込むようになってから、3週間以上が経過しました。

その間、僕の生活リズムは、ガラッと変わりました。

〔襪硫餽腓砲△泙蟷臆辰靴覆なった

息子が起きてからは、息子との時間中心になった

その分、早朝に仕事をするようになった

し覯漫■音起き、3時起きをするようになった

ゲ隼全般(料理、掃除、洗濯)をするようになった

β子の保育園の送り迎えもどっちもするようになった
(これまでは、朝か帰りのどちらかでした)

息子とお風呂に一緒に入るようになった
(最近は、イヤイヤ期だったので、「ママがいい!」と言われることがしょっちゅうでしたが、
 息子も、「ママは一緒には入れない」ということがわかったようで、一緒に入ってくれるようになりました)

息子と寝るようになった
(朝を仕事のメインタイムにするようにしたので、息子と一緒に、21時くらいには寝るような生活になっています。
 遅い時でも、23時までには寝て、3時半には起きるような生活リズムです)


本当に、いろんな物事に変化が起こってきています。

すべては、息子と全力で向き合うため。

下ができることで、「お兄ちゃん」になろうとしている息子。

その息子と全力で向き合い、今の変化・成長をしっかりと見とどけたい。

今しかない、息子の成長を、しっかりと胸に刻み込みたい!

そんな想いから、日々、過ごしています。



息子の出産前には、妻は、実家に4ヶ月帰っていたので、独身生活でした。

今回は、息子とも向き合いつつ、お腹の赤ちゃんとも向き合いながら、過ごしていく日々になりそうです。

楽しみます!



いろんなメッセージを、僕に届けてきてくれている今回の出来事を、しっかりと受け止め、

自分自身を整え、成長していきます!


貴重な機会を、ありがとうございます!
| がぶ | つわりママのためにパパができること | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ママの食べられるもの・環境を、整えてあげるということ
昨日は、3度目の病院。
妊娠が発覚してから、毎週月曜日は病院の日になってます。
気持ちが悪くて運転なんてとてもできない妻に代わって、運転手として付き添い。

2mm ⇒ 9mm ⇒ 15mm と、お腹の中の赤ちゃんは順調に育ってます。
一方で、今回も、「予定日がまだわからない」ということで、母子手帳はもらえず。。。
「これだけ気持ち悪いし、確実に育ってるのに、何なんだろうね?」と、妻と話してました。

それはさておき。

病院の後は、毎回お決まりの、気功へ。
気功を受けると、妻の気持ちの悪さも安定して、食べ物が喉を通るようになるので、本当にありがたい限り。
昨日も、施術終了後、先生から頂いたおせんべいをボリボリ食べてました。

施術終了後は、毎回、妻がその瞬間に食べたいものを食べに行きます。

とはいえ、昨日は、僕の来客の予定があり、そこまでゆっくりできなかったので、
「何が食べたい?」「たこ焼き」
ということで、イオンへ行き、銀だこでたこ焼きを買って帰りました。

すっごくジャンキーな匂いのするフードコートで5名ほどの列に並び、数年ぶりに買ったたこ焼き。
帰りの車の中で、おいしそうに食べていました。

家でも、通常の食事はほとんど食べられないので、少しでも食べてもらえると安心します。

実家から、非常食として、チーズケーキや焼き菓子など、大好きなお菓子を送ってもらってました。

ダルトワ(埼玉県春日部市のお菓子屋さん)
http://dartois1980.com/



今は、ネットで何でも調べられる時代。

男性も、つわりについての正しい知識を得て、少しでも協力できたらいいですよね。

つわりのときに食べれた食べ物ランキング
http://matome.naver.jp/odai/2138932097479704801



つわりのピークは、8臭〜10週ということで、
今、15mmの赤ちゃんがいるということから考えると、今がだいたいそのピークの真っ只中。
http://www.sodatsu.com/data/ency/ninshin/baby/baby02.html

ここを乗り切れば、楽になるよと伝えながら、今日も過ごそうと思います。

今日も素敵な1日を!
| がぶ | つわりママのためにパパができること | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
つわりママが休めるように、息子を連れ出すということ
土曜、日曜と、仕事の合間を縫って、息子を自然体験につれていきました。

土曜日は、「川だ!」と思って、西都の川へ。
車を走らせること40分。
尾八重の川へ。
めっちゃきれいで、静かで、人もいないし、最高のスポット!
と思いきや、息子は、「車で待ってる」と。
「どうしたの?」と聞くと、「カッパが出るから」とのこと。

「じゃあ、パパ、一人で行ってくるね」と伝え、一度川へ行き、戻ってきて、
「魚がいたよー!」と伝えると、
「ちょっとだけ見に行く」ということで、何とか川へ。

先に足を入れて、「気持ちいいよ!」と言っても、
「入らん」という息子。

「帰りたい」という息子に、結局、滞在わずか10分程度で、川を後にしました。

その後は、西都市内の公園へ。
すべりだいやトンネルの方が、今の息子にはよかったようでした。

大人の理想や要求を押し付けないこと。
子どもの「やりたい」を大切にすること、本当に大事だなと思いました。


日曜日は、午前中、一ツ葉の海へ。
波が怖くて、海が苦手な息子。
「砂遊びを大いに楽しもうか」と思って、海へ連れて行きました。

最初は、砂遊びだけしていたのですが、だんだん慣れてきたのか、周りの子たちが遊ぶ様子に触発されたのか、
後半は波打ち際でハイハイしながら、海を楽しんでました。

「海、楽しいねー!」と笑顔で言う息子の表情に、成長を実感したひとコマでした。



子どもが小さいうちには、五感を研ぎ澄ませる体験が大事。
それが将来の自信にもつながっていくし、「自分は大丈夫」と思える安心感にもつながっていく。
そして、それを親は強制しないこと。
場は提供するけれども、それとどう向き合うか、どう付き合うかは子ども次第。
その対応をすべて、丸ごと受け入れ、その反応を親が楽しむからこそ、子どもは安心して育っていける。

そういう関わりを意識しながら、子どもを連れ出し、ママはゆっくり休める環境を作ってあげること。

それが大事なことかなと思いながら過ごした、2日間でした。
(とはいえ、合間合間に仕事も入っていたので、所々はママに子どもをお願いしながら、気にしながら、でしたが)

夜寝る前に、息子が、「また、海、行きたい」と言っていたのは、とっても嬉しく、一緒に過ごせてよかったと思った1日でした。

素敵な1日を過ごせたことに、心から感謝です!
ありがとうございました!

今日も素敵な1日にします!
 
| がぶ | つわりママのためにパパができること | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
寝たきりのママを認める言葉かけをかけるということ
今日は保育園のお弁当。
そんなわけで、昨日のうちにおかずを作っておいて、
今日はご飯を炊いて、おにぎりを握りました。

昨日、妻から
「鮭おにぎりが食べたい」
とリクエストがあったので、
北海道さんの白鮭を焼いて、ほぐして、鮭フレークにして、
ご飯に混ぜて、おにぎりを作りました。

それを見た息子は、
「ゆうしくんも食べるー!」
と笑顔でやってきました。

気持ち悪くて、起き上がれず、布団で横になったまま食べる妻。
それを横目で見ながら、隣で座って食べる息子。
その息子を見た妻が、
「祐志はお椅子に座って食べて。って言っても全然説得力ないけど。。。」

聞き分けのいい息子は、妻に言われた言葉に素直に従って、椅子に座って食べていました。

「偉いねー!」
「祐志はすごいねー!」
「パパも嬉しくなっちゃうよー!」
と褒めると、ニコニコ笑顔で喜んでいました。



昨日だったか、一昨日だったか、夜に、
「実家に帰ろうかなぁ?」
と言っていた妻。
そのくらいしんどいってことですね。

しんどくて、何もできず、僕に負担がかかるのが申し訳ないと思っているとしたら・・・。
できることは、ただ一つ。

「そのままでいいんだよ」
「大丈夫だからね」
「ゆっくり休んでてね」
と言い続け、そういう体制を整え続けること。

確かに、明後日は夜仕事で、妻と息子2人きりになります。
そういうときにはどうしようもないんだけど、でも、そういうときにも、地域の力を借りながら、
何とか、妻が「申し訳ない」と思わずに過ごせるように、整えていきたいものですね。

ピンチのときに、助け合うからこそ、家族の絆も、地域のつながりも強くなっていくと思うので。

今日も自分にできることを、丁寧にやっていきます。
| がぶ | つわりママのためにパパができること | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
息子ととことん向き合うこと
子どもがいるママがつわりになるとしんどいのはママだけじゃありません。
子どももしんどい状態になります。

うちの息子(3歳)もだいぶしんどい気持ちを味わっているようです。

そんな時こそ、パパの出番。
息子としっかり向き合う時間を持って、少しでも、満たされない心を満たしてあげられたらいいですね。

僕はというと、
…ご飯・夜ご飯の支度
朝食後の遊ぶ時間(最近は積み木がお気に入り)・絵本の時間・お散歩の時間
「抱っこ」「肩車」してあげる時間
ぅ肇ぅ譴梁弍
イ風呂に一緒に入る時間
などを意識的に取って、息子を満たしているつもりです。

時折、
「祐志くん、もう赤ちゃんじゃないよ。お兄ちゃんだよ」
なんて発言を耳にすると、何だか胸が熱くなります。

しんどいママができるだけ安心して休めるような環境を整えるためには、
子どもをしっかりと認めてあげること、満たしてあげることが大事ですよね。


今日もしっかりと息子と向き合い、妻と向き合い、素敵な時間を過ごします。

みなさんも、素敵な1日を!
| がぶ | つわりママのためにパパができること | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ママの食べたいものを、否定せずに、食べられるようにしてあげること
相変わらず、重いつわりに苦しみ、ほぼ寝たきり状態の妻。

昨日は、お昼前に、
「モスのフライドポテトが食べたい」
と言い出しました。

我が家は、日常では、添加物フリー。
農薬も化学肥料も使ってない野菜・お米中心の、つぶつぶ食生活(雑穀食)です。

普段、もし、僕が、
「モスのポテトが・・・」
と同じことを言おうものなら、
「何を言ってるの!?」
と怒られてしまいそうですが、つわりという危機的状況であれば、話は別。

「よし! 買いに行こう!」
ということで、車で30分ほど走らせたモスバーガーに、フライドポテトを買いに行きました。

お店に着いて駐車場に車を停めたところで、
「やっぱり○○(お惣菜屋さん)にしようかな?」
と言い出したので、エンジンを再びかけて、出発。

ところが、残念ながら、お惣菜屋さんにはフライドポテトはなく、モスへ再び。

ポテトのLを2つ頼んで、600円。

帰り道、ほんのちょっとだけ、ポテトをもらって、帰りましたとさ。



つわりのときは、何を食べられるかはわからないもの。

急に、「無性に○○が食べたい!」って状態になるみたいですね。

その気持ちに寄り添ってあげること。
できる限り、その願いを叶えてあげることが大事かなと思っています。

2週間後には、うちの母にヘルプを頼んでいます。
あと2週間の家族3人での生活。

いろいろと大変なこともありますが、楽しみたいと思います。

つわりが少しでも軽くなって、元気に、笑顔で、日々過ごせるようになるといいなぁ。


今日も素敵な1日になりますように。
| がぶ | つわりママのためにパパができること | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
褒め叱褒めのサンドイッチを!
さっき、珍しく玄関の掃除をしていたら、
「そんなやり方してないで、靴をちゃんと持ち上げてから履いてよ!」
と妻の一言。

「たまにやってるんだから、まず、褒めてから、その後に注意してくれたら、もう少し気持ちよく受け取れるのになぁ」と思ってしまいました。

人は鏡。
自分が妻にそういう関わりをしてるってことだなぁ。
反省。

もっともっと、褒めて叱って褒めるのサンドイッチで関わっていこう!
| がぶ | - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
つわりママの「食べたい」を最優先してあげること
昨日は、妻と病院へ。
その後、気功へ連れて行きました。
一人じゃ、とても運転できそうな状況ではなかったので。

気功が終わると、食欲の出る妻。
「うどんが食べたい」と言うので、気功から程近くの、「ふくろう茶屋」へ。

http://tabelog.com/miyazaki/A4501/A450101/45004298/

ここのうどんは、若干(いや、だいぶ!?)甘めですが、麺にコシがあっておいしいのです。
(我が家は、宮崎うどんのやわらかさには馴染めずにいます)


家ではなかなか食事が喉を通らない状態が続いていますが、
妻も久しぶりに、おいなりさん1個と、ちくわ天うどんを食べて、元気になったようでした。

帰宅後は、久しぶりに笑顔も出ていました。

つわり中は、本当に、食事が制限されるので、ママの「食べたい」を最優先してあげること、とっても大切ですよね。

何か「食べたい」と言ったら、いつでも応えてあげられる、そんな人間でありたいと思っています。
 
| がぶ | つわりママのためにパパができること | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
つわりママのためにできること 〜出張の時は、お手伝いを頼む〜
今日はこれから、鹿児島へ出張です。
土日の2日間。

相変わらず妻は寝たきりに近い状態なので、
友人2組に、土曜日と日曜日、それぞれ、子どもを預かってもらうように手はずを整えています。

昨日の夜から、息子が体調を崩し、実際にはどうなるかわかりませんが。
それは、妻とそれぞれの方とのやり取りで決まります。

少しでも、寝ていられる環境を整えてあげることも、つわりママのためには、大事なことですよね。

妻のつわりが、少しでも和らいで、笑顔の時間を多く取れますように。


今日も素敵な1日にしましょう!
| がぶ | つわりママのためにパパができること | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |